無修正アナルエンペラー「虎穴の巻」


制御できない妄想の実が芽を出すとき溢れ出る男気と共に彷彿される出来ごとに奇跡が訪れた!一方通行な虎穴を逆に突き進む豪勇さ、まさしく稀代の皇帝。傍若無人な彼が切り開く道は海であろうと倫理であろうが二度と閉じることはなく、くっきり開帳された繁栄への始まりなのだ!



本来隠す行為を定められていない肛門に対して、はたしてその行動が必要かと述べられれば半数の市民は疑問を抱くであろう。数世紀前の演説で述べられた発言はその答えである。
「想像するしろ、彼女一人その穴のみを見るのならば良い。しかし角度によっては股座に風情のかけらもない無駄な代物が覆われている。それに挿入時における一番大事なタイミングにメンズのものでまた邪魔をされるのだ。これではいかに計算されつくした出演者、台本をもってしても興ざめというものだ!故に真に好む者ならばディレクターズカッ版は必須事項となる!」



Copyrightc 2009, www.raburinon.com All Rights Reserved.